読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カフェにでも行きますか?

ミズ ビーが亡くなってから、週末であっても、めっきり出かけることが少なくなった彼と彼女だったが、彼女は、カフェでブランチでもしないかと彼に訊いた。

 
 
 
突然の誘いに、彼は驚いた顔をしたが、彼女の気が変わってはいけないと思ったのか、
 
 
 
「 いいよ! 君が行きたいのなら、問題なくOKさ!」
 
 
 
と、すぐに笑顔で答えた。
 
 
 
その時の彼の顔がパーッと明るくなったのを見て、彼女は、彼が、それまで彼女の顔を窺いながら、出かけたくても、そう言えなかったのかも知れないと思い、申し訳ない気持ちになった。
 
 
 
出かける支度をしながら、彼は、
 
 
 
「 どうして、急に、出かける気持ちに成ったんだー?」
 
 
 
と言った。
 
 
 
彼女は、ほんの一瞬、下を向いて躊躇うようにしたが、直ぐに彼の方を見て、
 
 
 
 
「 ハッキリ言えないけど、、、、出かけて、他人から嫌な気持ちにさせられたとしても、、、、あなたと一緒だし、、、、私のような経験をした人達も必ずいるわけで、私、独りじゃないわけでしょう?! 嫌な気持ちになった場所には、バイバイすれば良いだけのこと。以前は、引き算人生が、とっても嫌だった。選択を失うことを怖れ、追い込まれて行くような、そんな気持ちになった。だから、何とかして、そちらの要求に合わせようとした。だけど、駄目だった。、、、、今は、どんどん削除して行く事によって、大切なものが見えて来る、人生がシンプルに成って行く、いわゆる、引き算人生が自分に合っているような気がするの。」
 
 
 
 
そう言うと、彼は、嬉しそうに微笑んで、
 
 
 
「 そうさ、それで良いんだよ! 人生は短いのだから!」
 
 
 
と、言った。
 
 
 
カフェは、彼女が選んだ。
 
 
 
美味しいクレープが食べたかったからだ。
 
 
 

小雨が降り出したためか、客は、あまり多くいなかった。

 
 
 
お茶とデザートだけだったら、ソファーに座っていただろうけれど、軽食をしたかった二人は、テーブル席を選んだ。
 
 
 
食事が運ばれてくる間、二人が取り留めのない話をしながら、彼女は、近くにある誰も座っていなかったソファーをチラチラッと見ながら、
 
 
 
ミズ  ビーが、そこに座っていたら、ミズビーの輝く毛とソファーの色がマッチして、美しいだろうなぁ〜、
 
 
 
と思った。
 
 
 
そして、ミズ ビーが体を伸ばして寝転がっているソファーに駆け寄って、顔にキスをして、端に座って、テーブルに置かれている美術マガジンを手に取って中を覗きながら、気持ち良さそうに寝ているミズ ビーを見て、眠くなっているだろうなぁ、
 
 
 
そう、頭の中で描いて、思わず微笑んだ。
 
 
 
生きていたら、車の中で、二人を待たなければならなかっただろう、
 
今は、カフェの中でも一緒に入れる、
 
そう思うと、嬉しくもあり、そして、それ以上に哀しかった。
 
 
 
彼は、そんな彼女の様子を不思議そうに見ながら、目で、
 
どうしたの?
 
と訊ねた。
 
 
 
彼女は、微笑みながら下を向き、頭を大きく左右に振って、
 
何でもない、
 
と応えた。
 
 

f:id:AoiFox:20170204062338j:plain

 
彼は、キッシュ、
 
彼女は、ブルーベリークレープ、
 
 
 
二人が食べ出すと、子供連れのカップル達がドヤドヤっとカフェに入って来た。
 
 
 
子供達がソファーに座って騒ぎ出した。
 
 
 
彼女は、手を休めて、そちらの方を見たが、ミズ ビーは、居なかった。
 
 
 
 
応援して頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログへ

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

コメントは読ませて頂きますが、返答はお休みしています。

無感情と言う感情

ミズ ビーのいない3度目のクリスマスを迎えて、ミズ ビーが亡くなってから、あっという間に信じられないほどの年月が経っていたことに彼女は驚愕した。

 
同じ頃、度々、読ませて頂いているブロガーさんの高齢だったワンちゃんも、とうとう亡くなってしまったことを知った。
 
 
その時に、妙に感情が冷たく凍りつくような、そんな気持ちに彼女は成った。
 
 
お悔やみの言葉や励ます言葉を送るのが礼儀かも知れなかった。
 
 
けれど、彼女は、心から何と言えば良いのか分からなかった。
 
 
その方が、ワンちゃんを愛して止まなかったことは、ブログでも伺える処だったが、かと言って、ミズ ビーを亡くした時の彼女と同じ気持ちだったとは必ずしも言えなかったし、どんな言葉も無意味のようにも思えた。
 
 
そして、
 
 
愛するペットを失なったことに関しては同じであっても、その人なりの思いや受け止め方は違うのではないだろうか?
 
 
そう思った。
 
 

ペットを亡くした人の気持ちが、もっと分かり、自分の気持ちも分かってもらえると期待して始めたブログだったのに、

 
何も言えない、
 
何と言えば良いのか分からない、
 
そんな自分に、
 
彼女は、
 
冷たさと言うより、
 
ミズ ビーの死への哀しみの深さを知ることに成った。
 
 

f:id:AoiFox:20170127082133j:plain

 
 
「 私、カウンセリングを受けたい。
 
時が経てば元気に成るだろうと思っていたけれど、
 
今もなお、
 
ミズ ビーを喪った哀しみから立ち上がれない自分に気が付いたの。
 
他人が愛するペットを失ったと知って、
 
何も言えない、
 
何の言葉も思い付かない、
 
それは、普通じゃないように思うの。」
 
 
 
彼女が、そう言うと、
 
 
 
「 他人事に思えないからこそ、何も言えないのじゃないか?
 
今は、まだ、そう言うこともあるさ。
 
新しいペットを迎え入れられない状況で、
 
大した変化の無い生活をしているのだから、仕方のないことさ。
 
俺だって、
 
度々、ミズ ビーのことを考える時がある。
 
今も、生きていたら、、、、ってね。」
 
 
 
彼は、生気の無い微笑みを浮かばせながら、そう言った。
 
 
 
(コメントは読ませて頂きますが、返答は、申しわけありませんが、お休みしています。)
 
応援して頂けると嬉しいです。

想い出の場所、大切なのは、、、、

彼が言った。

 
 
 
「 ミズ ビーが亡くなってから、もうすぐ二年だろう? 休暇が取れたんだ。 君が、ミズ ビーとの想い出のためにも、行きたいって言っていた、あの場所に、今でも行きたい気持ちがあるか?」
 
 
 
「 うん、もちろん、今もあるわよ。あの海岸を歩きたい。哀しいかもしれないけど、ミズ ビーが喜んでくれるかも知れないから、、、、」
 
 
 
彼女は、そう言った。
 
 
 
『 あの想い出の場所 』とは、彼女とミズ ビーが彼に出会ってから、初めて出かけた泊りがけの旅行先のことだった。
 
 
 
まだ二歳にも成らなかったミズ ビーは、リード無しで海岸を駆けるようにして走り、海に、ちょっとだけ足をつけては、近づく波から逃げていた。
 
 
 
彼女がミズ ビーの名前を呼ぶと、すぐに駆けて戻って来た。
 
 
 
まだ新しかった海岸沿いに建つコンドを借りた。
 
 
 
そこには都会の騒音は全く無かった。
 
 
 
パティオの正面には海があり、そこに立つと、冷たい海風が気持ち良かった。
 
 
 

その時から、二人にとっては信じられない16年と言う長い年月が経っていた。

 
 
 
ちょっと複雑な気持ちでコンドに着いて、中に入ると、そこは、彼と彼女の記憶にあった場所とは、かなり違っていた。
 
 
 
オーナーが、長い間、放ったらかしにしていたのか、全体的に、すっかり古びて、カーペットにもシミが付いていて、臭いも、心地好いものではなかった。
 
 
 
彼女が、溜め息をつくと、彼は、
 
 
 
「 だろう? 今日は、もうチェックアウト出来ないけど、明日、ここを出よう!」
 
 
 
そう言った。
 
 
 
彼女は、気を取り直して、彼が火を付けた暖炉を見て、
 
 
 
「 その暖炉の前で、火を見ながら、ミズ ビー、座るの、好きだったよねー? 」
 
 
 
そう言うと、彼は、頷きながら、
 
 
 
「 暖炉が好きな犬だったからな〜 」
 
 
 
微笑みながら、そう言った。
 
 

f:id:AoiFox:20161213095708j:plain

 
 
それから、二人で海岸を一緒に歩いた。
 
 
 
そして、其処でのミズ ビーの想い出話をした。
 
 
 
しかしながら、
 
 
 
彼女は、ミズ ビーと歩いた時とその時を結びつけることが出来なかった。
 
 
 
ミズ ビーのために歩こう、
 
 
 
彼女は、そう思って歩いたのに、妙に体も足も重く感じ、ミズ ビーを探している自分に気が付いて、虚しかった。
 
 
 
そして、ミズ ビー無しで、そこを歩くことに意味が無いように思えた。
 
 
 
二人は、自然と、言葉が少なくなり、何処まで歩いたら戻るかを話し出した。
 
 
 
 
「 ミズ ビー、喜んでいるかなー?」
 
 
「 喜んでいるさ、、、、。」
 
 
「 本当に、そうだろうか? 」
 
 
 
 
翌朝、早々に其処をチェックアウトして、車に乗り込み、海岸線沿いに車を走らせながら、
 
 
 
 
 
「 あそこ、スッカリ変わっちゃったね。 、、、、ガッカリしたけど、たとえ、変わっていなかったとして、、、、ミズ ビー無しで滞在しても、、、、ぜーんぜん、楽しくなかったと思うの。今回の事で、良く分かったの。場所じゃないのよ! 誰と一緒だったかが大切なんだって。 もう、あそこには、ほとんど未練が無いような気がする。 新しいワンちゃんを迎えられるようになって、そのワンちゃんをあそこに連れて行って、、、、ミズ ビーと一緒に来た所なんだよ、それで、ミズ ビーね、、、、みたいな感じで話すかもしれないけど、、、、。それとも、ミズ ビーとの大切な想い出のあそこみたいな場所には、後から来るワンちゃんは連れて行かないかも知れない。、、、、あの想い出をミズ ビーとだけのものにしたい気持ちもあるから。それに、ミズ ビー、ヤキモチ焼きで、独占欲、強い方だったしね。」
 
 
 
 
 
彼女は、そう言った。
 
 
 
彼は、前だけを黙って見ながら頷いた。
 
 
 
サングラスに隠れた彼の目を彼女は覗き込むようにして見たが、よく見えなかった。
 
 
 
 
( 御訪問、ありがとうございます。私事ながら、コメントの返答は暫く休ませて頂きます。場所によりますが、冷え込む場所に居られる方は、風邪などに、お気をつけ下さいませ。)
 

応援して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ