彼と彼女

お料理

彼女は、 子供の時から 外食が好きだった。 他人の作る食べ物を 口にすることに 何の疑いも持っていなかった。 だけど、 今では、 他人の作る食べ物が 汚いものに思える。 ミズビーがいた時は、 外食ばかりしていた。 年老いたミズビーは、 彼か 彼女の 匂い…

You're Not !

痛い! 止めろ! 彼女が 彼の胸毛をピンチすると、 彼は 苦しげに そう言った。 いいじゃない! 痛い! って感じるのは、 生きている! ってことじゃない? 彼女は そう言って、 プイッと 顔を背けた。 私が 真剣に話しても あなたは ふざけるだけじゃない?…

悲しいこと、辛いこと

悲しいことは忘れなさい。 辛いことは耐えなさい。 そう、誰かが言った。 じゃあ、 悲しくて辛いことは、どうすればいいの? 彼女は言った。 両方とも忘れてしまえば、いいんだよ! 彼は言った。 それが、出来なかったら? 彼女は言った。 両方とも、耐えれ…

カフェにでも行きますか?

ミズ ビーが亡くなってから、週末であっても、めっきり出かけることが少なくなった彼と彼女だったが、彼女は、カフェでブランチでもしないかと彼に訊いた。 突然の誘いに、彼は驚いた顔をしたが、彼女の気が変わってはいけないと思ったのか、 「 いいよ! 君…

無感情と言う感情

ミズ ビーのいない3度目のクリスマスを迎えて、ミズ ビーが亡くなってから、あっという間に信じられないほどの年月が経っていたことに彼女は驚愕した。 aoifox.hatenadiary.com aoifox.hatenadiary.com aoifox.hatenadiary.com aoifox.hatenadiary.com 同じ…

想い出の場所、大切なのは、、、、

彼が言った。 「 ミズ ビーが亡くなってから、もうすぐ二年だろう? 休暇が取れたんだ。 君が、ミズ ビーとの想い出のためにも、行きたいって言っていた、あの場所に、今でも行きたい気持ちがあるか?」 「 うん、もちろん、今もあるわよ。あの海岸を歩きた…

2. ジェニファー・アニストンに子供がいない事ーNew News

誰にも、偶然は、ある。 彼女が、ブログに記事を投稿する気も無く、全く偶然にテレビを点けたら、映っていた女性の口から、 「 ジェニファー・アニストン、、、、」 と始まったので、つい最近、ジェニファー・アニストン( 以下、アニストン ) についての記事…

ジェニファー・アニストンに子供がいないこと

ジェニファー・アニストンに子供がいない事に対して、可哀想とか不幸とかと話している人達について、ジェニファー・アニストンは、全く自分自身のことをそうは思っていず、ハッピーなのに、そう言われるのが理解できないと、ファッション雑誌のインタビュー…

アメリカのチョイス

昨夜は、彼も彼女もテレビの前に釘付けになりながら、大統領選挙の投票結果を観ていた。 予想外の結果に驚愕しながら、ケイタイが、常時、忙しく鳴っていてもチェックする気に成らなかった。 そして、OMG! としか言えない状況に、彼と彼女は何度も口を開けた…

幸運な人達

シュレッダーの上に大型チェーン店のホリデートイズのチラシの雑誌が乗っていた。 10月末のハロウィンが終わって、11月のサンクスギビングが終わったら、12月のクリスマスとあって、子供向けのプレゼントが多く必要となり、売り上げに影響するから、そんなチ…

ワールドシリーズ・シカゴ・ カブズ優勝パーティ

シカゴ・ カブズがゲーム7、10回延長で、8対7の1点差でクリーブランド・インディアンズに勝ち、108年ぶりの優勝を最近、果たした。 ゲーム4では、すでに3対1で、カブズが負けていたので、そのすぐ後、地元シカゴで勝っても、クリーブランドでバイバイするか…

Someone

夕食を作る気に成らないと、彼女がメッセージを送ると、彼は相変わらず文句も言わず、チャイニーズのテイクアウトを買って来た。 こんな時、彼女は彼に悪いなぁと思いながら、 もしかして、彼も、時には、テイクアウトの物が食べたいのかも知れない、、、、 …

ダイエットの後悔

ミズ ビーを突然の出会いから飼い始めて、彼女が一番に気を付けていたことは、ミズ ビーの食生活だった。 それは、飼い始めてすぐの時に、ミズ ビーのお腹の調子が悪くなって下痢が続き、獣医に連れて行ったところ、 食べ物が原因だろう、 マーケットで買え…

アレルギーの話

最近のアメリカのテレビのニュースで、アレルギー体質と幼少期の関係についての最新の研究結果が話されていて、 其れによると、生誕してから5歳位までの時の行動や生活が、その後の体質や健康に、非常に影響を与えると言ったもので、 その間に、 裸足で家の…

幸せって?

彼女は、ブログに記事を載せる気分に、しばらくなりませんでした。 彼とも、口論になりました。 ミズ ビーを育てた時に、しなければ良かったのではないかと思うことを、二人で話して行くうちに、彼女は、自分自身だけでなく、彼の非をも責めました。 そのた…

ひとり

彼女は、過去の苦い想い出を記した後、とてつもなく落ち込んだ。 aoifox.hatenadiary.com その時の光景がよみがえり、その時の気持ちになっている自分に気付いたからだ。 あの時は、ミズ ビーが助けてくれて、忘れさせてくれたが、 今は、ただただ悶々と同じ…

犬の飼い主の危険な独占欲

彼女が、アメリカのとある市のアニマル シェルターを訪れた時のことだった。 男女のまだ若いカップルが、元気いっぱいのピュアブリードでフレンドリーな大型犬を係りの人に檻から出して貰って、ボールで一緒に遊んでいた。 その犬は、 なぜ、こんなに元気で…

Lucky Charm ラッキー チャーム

彼が、Lucky Charms のシリアルを買って来た。 そして、 「 期間限定のキーホルダーが、この中に入っているってボックスに書かれているから、それに惹かれて買っちゃったよ。」 映画 『 The Secret Life of Pets 』に出て来る動物のキャラクター達がキーホル…

エアポートのセラピー犬

彼が乗り換え地のエアポートから、メッセージを送って来た。 『 乗るはずだったフライトがキャンセルされたんだ。いつまで待てばいいんだって感じで頭に来るよ。』 彼が、予約したフライトに乗るために、早朝に出かけて行ったのに、それが無駄だったかのよう…

心の痛み

彼から、今から帰宅するからとメッセージが送られて来て、 「 私、完璧に落ち込んでいて、今日のディナーを作る気に全く成れないから、、、、」 と、彼女はメッセージを送った。 彼は、帰宅しても、彼女のメッセージについては何も語らず、静かに、キッチン…

お盆のバタフライ

日本が、お盆休暇で、多くの人達が御先祖様の御墓参りをしていた頃、彼女は、それが気になりながら、 日本で亡くなった御先祖様は、向こうで忙しいだろうから、せめて、ミズ ビーだけでも会いに来てくれるかなぁ、 と、ひとりで思っていた。 と言っても、日…

オリンピックが終わる日

お正月やクリスマスなどの世界中で多くの人達がお祝いしたり、幸せを感じる時、自分にとっての楽しい時が重なると、余計にハッピーな気持ちに成り、 その反対に、そのような大イベントの日に、自分にとって良い日と言えない日が重なったりすると、余計に哀し…

ネイマーの笑顔の裏側

彼も彼女も、オリンピック観戦中心の生活が続いている。 ブラジルとホンデュラスの男子サッカーのセミファイナルの中継は、ブラジルが最初のゴールを決めた後から観て、ホンデュラスの選手達のブラジルのエース、ネイマーへの度重なるイジメのような暴力的な…

海岸沿いで出逢った犬

彼女は彼の誘いを受けて、海が見える海岸沿いを歩いた。 「 此処には、ミズ ビーと来たことが無かったように思うのだけど、、、、 」 彼女が、歩いている彼の横顔を見て、そう言うと、 彼は、 「 来たことないよ 」 と、すぐに応えた。 「なぜ、、、、ミズ …

上を向いて歩こう

今夜は、ブラジルでのオリンピックの開会式の様子をテレビで観られる。 世界中の多くの人達が観ることだろう。 数日前に、彼女は、なぜだか急に、国民的歌手とかと呼ばれていた今は亡き坂本 九さんについて想い出していた。 そして、無性に、坂本 九さんの有…

今日のジギルと明日のハイド

彼は、彼女に言った。 「 最近の君は、すっごくナイスな日の翌日には、顔付きまで変わって、すっごくビターになって、また、その翌日にはナイスに成ったりしている。その繰り返しなんだ。」 と。 「 そうかなぁー? 誰でも、良い日と悪い日があるだろうから…

ワガママ

犬好きの彼女の母親は、よく言ったものだ。 犬好きの人は自分の思い通りにならなければ気がすまないワガママな人が多いと。 『 犬は、飼い主に言われたことに耳を傾け、言うことを聞くじゃない? だから、犬を飼っているって感じの人、いっぱい見たもの。』 …

今でも、していること

aoifox.hatenadiary.com ミズ ビーが、この世にいなくなってから、しなくなったことは山ほどあるに違いないけれど、 今でもしていることの1つに、 『 ミズ ビーに話しかけること』 がある。 それは、 ミズ ビーの写真に向かっての時もあれば、 空気や、 生…

老け顔

最近、鏡に写っている自分の顔を見て、彼女は、 老けたなぁ〜、 それも、急に、、、、 そんなはずは無いよねぇー、 気付かなかっただけ、、、、 でも、、、、 ミズ ビーを喪ってから、 物凄いスピードで老けたような気がする。 それとも、、、、 老け始める…

食べてしまいたいほど可愛い

ミズ ビーは、8歳位の時から、それまで常時、見せていたヤンチャな行動をしなくなり、オモチャにも、あまり興味を示さなくなった。 そして、それまでよりも多く、彼と彼女を見つめ、2人の話に耳を傾け、考えるようにして聴くようになった。 「 ミズ ビー、…