ワールドシリーズ・シカゴ・ カブズ優勝パーティ

シカゴ・ カブズがゲーム7、10回延長で、8対7の1点差でクリーブランド・インディアンズに勝ち、108年ぶりの優勝を最近、果たした。 ゲーム4では、すでに3対1で、カブズが負けていたので、そのすぐ後、地元シカゴで勝っても、クリーブランドでバイバイするかと予想していたら、嘘みたいに勝ち出して、総合4対3で、それも、1…