読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼と彼女

数多くあるブログの中から私のブログに訪問していただき、ありがとうございます。
読んだ後にクリックして頂けると、今後の励みにさせていただきます。
 
 
 
 
 

ミズ ビーが帰らぬ犬となって間も無く、彼は彼女に震え声で言った。

 
 
「 俺たちが出会って一緒に住むようになってから、ミズ ビー抜きで、俺たち二人で家にいるってことは無かった。ミズ
ビーを連れて行けなかった俺たちだけの旅行なんかは、帰って来たらペットホテルにすぐ行ってミズ ビーをピックアップしただろう? 15年以上、俺たちは、そうして来たんだ。いつも、ミズ ビーがいたんだ。こうして、俺たち二人だけなのが、物凄く変な気がするよ。」
 
 
彼女は彼と同じ気持ちだったので、何も言えずうつむいた。
 
 
そして、
 
 
「 15年以上?  そうだったね。 あっと言う間だったね。」
 
 
そこまで言うと、喉がつまって涙があふれでた。