読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

72歳の女性の言葉

ペットの猫と犬を乗せてドライブしていた72歳の女性が、アリゾナの砂漠の携帯電話も繋がらない所で迷ってしまい、9日間、水も食べ物も無しで、やっと無事に救出された。

 
 
 
その女性の話からすると、
 
 
 
女性は、ドライブしていて、なぜかしら間違った道に入ってしまい、そこから抜け出そうと試行錯誤しながらドライブしているうちに、車がガソリン切れになってしまった。
 
 
 
周りには全く何も無く、ペットの猫と犬と女性だけで、最初の夜は、みんなで車の中で寝たが、覚悟を決めて、猫を車の中に残して、犬と一緒に外に出て、水と携帯電話が通じる場所を探しに歩き出した。
 
 
 
ところが、そんな所は、その辺りには無かった。
 
 
 
数少ない植物から、過去に読んだ本に書かれていた水分補給となる植物や栄養補給となる植物を探して食べた。
 
 
 
そして、そこで死んだ動物達の骨や棒切れを探して、空から救出隊が見えるように、地面に、大きくHELPとなるように置いた。
 
 
 
車に戻るには距離があったので、そこで、棒切れを燃やしながらキャンプファイアーを作り、犬と一緒に抱き合って、とても寒い夜を過ごした。
 
 
 
救出隊が、9日目に、女性の車と中にいた猫を見つけ、その後に、空からHELPの文字を見つけ、女性と犬を救出した。
 
 
 
驚いたことに、その時、女性は、シッカリと歩いて、ヘリコプターに乗った。
 
 
 
その後、女性は、自宅のベランダで、中型のミックス犬を抱きながら、テレビのインタビュアーに、
 
 
 
『 年を取ったって、出来ないことは無いのよ! 年を取るってことは、知識が豊富になって、賢くなるってことなのだから!』
 
 
 
そんな風に言っていた。
 
 
 

翌日から、すでにハイキングを決行するつもりでいる女性に、彼は、呆れるようにして、大きく溜め息をついた。

 
 
 
彼女は、女性が、動物達と自然への愛情を持ち、賢く、それらと共存して生きている姿に感動した。
 
 
 
そんな人だったから、見えない力が、その女性の味方をしたのではないだろうか?
 
 
 
死んだ動物達の骨が、HELPとなり、女性をHELPした。
 
 
 
年齢にこだわらず、自分の可能性を信じて実行している女性の言葉には説得力があった。
 
 
 
『 年を取ることは、賢くなること!』
 
 
 
彼女は、彼を横目に見ながら、
 
 
 

シッカリと、憶えておこう、

 
 
 
そう思った。