読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

老け顔

最近、鏡に写っている自分の顔を見て、彼女は、

 
 
 
 
老けたなぁ〜、
 
それも、急に、、、、
 
そんなはずは無いよねぇー、
 
気付かなかっただけ、、、、
 
でも、、、、

 

 ミズ ビーを喪ってから、

 
物凄いスピードで老けたような気がする。
 
それとも、、、、
 
老け始める年齢とミズ ビーを喪った時が、重なったのか?
 
 
 
 
彼女は、そう思いながら、
 
 
 
彼は、どう思っているのだろう?
 
 
 
と、思った。
 
 
 
そう言えば、、、、
 
 
 
彼も、あの時の彼とは違って見える。
 
一気に老けたような、、、、
 
 
 
彼も、彼女のことを同じように思っているに違いない。
 
 
 
だけど、
 
 
 
それは、言うべきではない、
 
 
 
と思っていると思う。
 
 
 
そして、
 

 

 
新しいペットを飼えない事情に、彼も少なからず苦しんでいるのに、彼女は気付いている。
 
 
 
 
『 ミズ ビーが先に亡くなっちゃったから、こんなに老けちゃったじゃない?!  なんて、マミーは言うつもりはないよ。それはね、、、、ミズ ビーが、もっともっと長く、マミーと一緒にいたかったことを知っているから。マミーは、どんなに老けても、生きている。ミズ ビーが、今、マミーに言いたいのは、それだよね?! 』
 
 
 
 
彼女は、そう、心の中で呟いた。
 
 
 
ミズ ビーが、いたら?
 
 
 
それは、今でも、頑固に繰り返し思う事だった。
 
 
 
と言っても、
 
 
 
もう、あの時には戻れない、
 
だけど、
 
戻れるものなら戻りたい!
 
 
 
 
『 死は、永遠のお別れ?
 
それとも、
 
また、会える時までのお別れ?』