読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

多頭飼育崩壊の衝撃 ( クローズアップ 現代 )

彼女が、いつも読ませて頂いている『 殺処分チーム0』さんのブログ 『 殺処分0を目指す全国保健所一覧 』( http://satsuzerozero.blog.fc2.com ) から、NHK の『 クローズアップ 現代 』で 『 多頭飼育崩壊の衝撃 』が放送されることを知って、

 
もしかしたら、日本語放送のチャンネルでも放送されるかも知れないと思い、チェックしてみたら、プログラムの日本時間とアメリカ時間が一致していた所に、“ Close Up Plus ” として記されていたので、同じプログラムであることを願って観てみたら、まさに、そうだった。
 
 
 
プログラムの出だしから、沢山の猫達が家中を占拠して、部屋と部屋の間の壁がぶち抜かれ、置かれていた本や床、壁なども茶色く染まり、猫達にでさえ、汚く不衛生で狭く窮屈な感じの想像を絶する光景が映し出されていた。
 
 
 
なぜ、『 クローズアップ現代 』で放送されたかと言うと、最近、日本のペットブームの裏側で、ペットの多頭飼いで、予想外に増えてしまったペット達を経済的に育てられなくなった飼い主達からの、どうして良いのか分からない、或いは、ペット達からの強烈な汚臭や騒音についての隣人達からの苦情と言った相談が、急激に増えていて、個人の問題だけでなく社会問題に成って来ているからだった。
 
 
 
現在、全国で、年間、およそ、1800件の多頭飼育への苦情があるそうだ。
 
 
 
顔がぼやかされて映っていた40代の女性は、夫と10代の子供二人と80匹の猫達と暮らしている。
 
 

f:id:AoiFox:20161117112954j:plain

 
 
6年前に、子供が貰って来た2匹のオスとメスの猫達から始まって、三年後に、そのメス猫から2匹の猫が産まれ、そして、一年も経たない内に、5匹が産まれ、その時で、計、9匹と成った。
 
 
 
しかしながら、女性は、猫達にとって、不妊、去勢手術は可哀想、そして、自分の家族なのに誰かにもらってもらうのも嫌だと思った。
 
 
 
そして、極め付けには、
 
 
 
『 、、、嫌なことがあると、寄って来てくれたりして、自分の存在価値があるように思ったから、、、、』
 
 
 
と、エゴイスティックな言葉を吐いた。
 
 
 
猫を飼い始めたのは、子供が生まれ、マイホームを購入したことにも関係していた。
 
 
 
9匹の後は、その一年以内に、3匹が15匹を出産し、計、24匹になり、その時に、やっと、不妊、去勢手術を考えたが、1匹、3万円の手術代で24匹の手術は払えなかった。
 
 
 
当たり前ながら、その後も、猫達は産まれ、三年間で、2匹から80匹に増え、エサ代も月々、80,000円になった。
 
 
 
近親相姦のためか、不衛生や猫の健康管理の見過ごしのためか、生まれても成長できない子猫もいたが、女性は、なぜだろうと言って、首を傾げるだけだった。
 
 
 
女性と夫と長女は二階で、それぞれに猫が入れない部屋を持ち、長男は、リビングで猫達を避けるようにして寝ているそうだ。
 
 
 
女性以外は、誰も家族が映っていなかったので、一緒に暮らしている家族達が、どのように、その状況に対して思っているのかは分からなかった。
 
 
 
家族以外の人に相談できなかった理由は、猫の数に驚かれ、意見されたくなかったからだそうだ。
 
 
 
結局、この件に関しては、地域ボランティアが介入し、動物保護団体の獣医達がボランティアで、80匹の猫達の不妊と去勢手術を、そして、残念ながら、妊娠中の猫達には堕胎手術が施行された。
 
 
 
80匹の猫達は、女性と家族と今迄通り暮らし、地域ボランティアが定期的に訪れてチェックすることになっているそうだ。
 
 
 
家の中で、不妊も去勢手術もしていない動物達を飼えば、子供達が生まれ、放っておけば、どんどん生まれて増え続けることを知っていたはずなのに、、、、
 
 
 
そう思う人達が多くいる中、それを無視して責任が取れなくなって、結局は、他人に迷惑を掛けてしまう人達がいる。
 
 
 
それよりも、一番、可哀想で、そんな飼い主の犠牲になるのは、ペットの動物達だ。
 
 
 
不妊や去勢が、可哀想? 
 
堕胎は、可哀想じゃないのか?
 
 
 
女性は、それについては触れている様子も無かった。
 
 
 
アメリカのテレビ のプログラムで、似たような人達を観たことがあったけれど、その人達は、みんな、精神的に、過去の傷付いた経験や問題を引きずっていた。
 
 
 
そして、結局は、自分が淋しいからとか頼りにされていると感じたいからとか、困ったら、家族や周りが助けてくれるだろうと思ったからとか、自己中心的な考え方を動物達に押し付けていた。
 
 
 
そして、自分の非を認めたくない、現実的に考えたくない、そして、最終的には、予想外の状況に、肉体的にも精神的にも身動きできず、動物達と共倒れするかのようだった。
 
 
 
アメリカでは、近所の苦情や飼い主の助けを求める悲鳴があって、動物保護団体が介入し、多頭飼いの場合、状況次第では、ほとんどのペット達は飼い主から没収されることになり、二度と同じようなことをしてはいけないときつく言われたり、動物虐待と判断させられたら、法的に罰せられる。
 
 
 
没収された動物達は、元の飼い主の元に戻されることは稀で、全てが新しい飼い主達の元に行けると言う保証も無く、病気持ちだったり、他人や他の動物に慣れていなかったり、レスキューグループからの引き出しや里親が見つからない場合は、殺処分になることもある。
 
 
 
それゆえ、日本での80匹の猫達が手術後、育てる上で無責任だった飼い主に返されたのには、彼女も驚いた。
 
 
 
それを観て、増えて困ったら、そのようにしてタダで手術をしてもらって返してもらえると、安易に考える人が増えたりしないのだろうか?
 
 
 
そうも、思った。
 
 
 
最近、孤独死をした北海道の60代の男性が住んでいた所から、49匹の猫が見つかったそうだ。
 
 
 
80代の夫婦が2匹のウサギを飼い、あっと言う間に、一年で19匹に増えてしまい、夫婦は老人ホームに行くからと助けを求めて来た例もあった。
 
ウサギは、犬や猫よりも繁殖率が高いそうだ。
 
 
 
妻を亡くした60代の男性が拾って来た6匹の猫達から、2年で、60匹近くに膨れ上がり、エサ代で自分の生活が出来ないとの相談もあった。
 
 
 
犬1匹を育てるのに、年間平均、26万円、猫1匹は、13万円かかると言われているそうだ。
 
 
 
『 終生飼養 ( 飼い始めた動物は出来る限り生涯、面倒を見る。) 』と言う法律があるそうだが、そこには、『 その子孫を増やさなければ成らない 』などと言った意味は全く無い。
 
 
 
『 殺処分チーム0』さんのブログ『 殺処分0を目指す全国保健所一覧 』http://satsuzerozero.blog.fc2.com では、『 このブログでは、各自治体管理により全国保健所の体制も整えてもらい一頭でも多く動物達を救う為の情報を掲載しています。』の通り、毎日のように、助けを求めている動物達のことが載せられている。
 
 
 
そして、どのようにしたら、もっと多くの人達に、この現実を知ってもらい、一頭でも多くの動物達を救えるかと試行錯誤を繰り返しているのが、とても良く分かるので、もっと多くの人達に知ってもらう為にも、勝手ながら、紹介させて頂いた。
 
 
 
ミズ ビーの亡き後、ブログを始めて、アメリカにいても、『 殺処分チーム0 』さんのおかげで、日本の動物達の状況について知り、日々、学ばせてもらっている感謝の気持ちを込めて、、、、。
 
 
 

(応援して頂けると嬉しいです。)

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

( コメントは読ませて頂いていますが、返答はお休みさせて頂いています。)