You're Not !

 
痛い!
 
 
止めろ!
 
 
 
 
彼女が
 
 
彼の胸毛をピンチすると、
 
 
彼は
 
 
苦しげに
 
 
そう言った。
 
 
 
 
いいじゃない!
 
 
痛い!
 
 
って感じるのは、
 
 
生きている!
 
 
ってことじゃない?
 
 
 
彼女は
 
 
そう言って、
 
 
プイッと
 
 
顔を背けた。
 
 
 
私が
 
 
真剣に話しても
 
 
あなたは
 
 
ふざけるだけじゃない?
 
 
それぐらいの痛みを受けて当然よ!
 
 
 
 
 
 
長い沈黙の後、
 
 
 
 
彼女は言った。
 
 
 
 
ごめん、
 
 
 
ピンチしたのはいけなかった。
 
 
 
 
ちゃんと聴いてくれないから
 
 
 
イライラしたの
 
 
 
あなたのこと大好きだけど、
 
 
時々、
 
 
無性に、
 
 
イラつくのよ。
 
 
 
だって、
 
 
あなたは、
 
 
ミズビーじゃないのだもの!
 
 
 
 
彼の顔がゆるんだ。
 
 
 
犬は、
 
 
話しかけられるのが好きなのさ!
 
 
 
 
それだけじゃないの!
 
 
言葉だけじゃないの!
 
 
 
見つめるだけで、
 
 
見つめ返してくれた。
 
 
 
いつも、
 
 
そうだった。
 
 
 
いつも、
 
 
一生懸命に
 
 
聴いてくれた。
 
 
 
わかろうとしてくれた。
 
 
 
それに、、、、
 
 
 
 
もっと、
 
 
 
 
毛深かった。
 
 
 
 
 
彼は
 
 
顔をグシュッとさせて、
 
 
 
クッ、
 
 
クッ、
 
 
クッ
 
 
 
と笑った。
 
 
 
(応援して頂けると嬉しいです。)
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ